苔庭ニット

ハリのある細いリネンの糸と、やわらかいウールの糸を交互に編んだ編み地です。

リンクス編み(ガーター編み)で、表目と裏目を交互に、糸も交互に編んでいます。リネンの編目が立ち上がることによって、ただやわらかい、でもなく、ただハリがあるだけでもない、やわらかさの中にリネンの感触を感じられるように編んでいます。

糸が見えないほど薄くなっているところと、繊維が絡み合って目が詰まっているところとの斑感が、奥行きのある表情を作っています。

ニットの三元組織の一つであるガーター編みは、基礎の編み地ですが、配色を入れたり、素材を変えるととても複雑に見えることもあるんです。

0コメント

  • 1000 / 1000

CHOKOTTO blog -セーターのようなニット生地CHOKOTTO-

手芸用のニット生地「CHOKOTTO」 CHOKOTTOを使った小物の作り方レシピ、ニットの豆知識などを紹介しています。様々な模様と糸との組み合わせ、風合いの違いで、無数のニットテキスタイルが生まれる魅力を多くの方に楽しんでいただけるよう新しい編み地や、使い方を発信していきます。