セーターと同じように・・・

CHOKOTTOの編み地は、セーターの工場で作られています。様々な糸があり、様々な模様があるので、その編み地に適した加工をします。CHOKOTTOの編み地のほとんどは、セーターと同じように、編みあがった後お湯で洗っています。適度に洗うことで糸が膨らみ、編み地の風合いが良くなるのです。それを「縮絨」と言います。

上の写真は洗う前の糸と洗った後の糸を並べてたものです(糸は違いますが・・・)。手前側が縮絨前、奥が縮絨後です。縮絨すると糸が膨らんでふかふかになったのがわかります。糸本来の良さが発揮されます。

*お店で買ったセーターをお湯で洗うことはしないでくださいね。せっかくの風合いを壊してしまったり、縮んで着れなくなってしまう事もあります。


洗ってふっくらした風合いが楽しめる編み地、チェックしてみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000

CHOKOTTO blog -セーターのようなニット生地CHOKOTTO-

手芸用のニット生地「CHOKOTTO」 CHOKOTTOを使った小物の作り方レシピ、ニットの豆知識などを紹介しています。様々な模様と糸との組み合わせ、風合いの違いで、無数のニットテキスタイルが生まれる魅力を多くの方に楽しんでいただけるよう新しい編み地や、使い方を発信していきます。