ジッパー柄のヘアバンド

今回は中心部分で半回転ねじったヘアバンドの作り方を紹介します。個性的な柄がコーディネイトのアクセントになりそうな「ジッパー柄」柄を使いました。

材料はこちら

表地となる編み地:ジッパー柄

ミシン糸:特にニット用である必要はありません。


編み地は、出来上がり寸法をぐるり一周で46cmに設定して裁断します。柄をどう出したいかによって裁断する寸法が変わってきます。今回は編み地を縦に置いたときの柄を使いたいので、下の寸法で裁断します。(縫い代1cmを含めた寸法です)

幅29cm(編み地の幅と同じ)×丈18cm

幅21cm×丈18cm           を一枚ずつ裁断します。

まず、2枚を耳であわせ(18cmの辺)、縫い合わせます。厚紙を押え金の片方にはさむと編み地が均等に送られるので縫いやすいと思います。

細長くなるように縦方向に二つ折りにして、筒になるように縫い合わせます。

中に手を入れて、表に返します。

横半分に折るように、まだ縫ってない端の部分を合わせます。ここでひねりを入れます。

今回は半回転ひねります。

ひねった状態で中表に縫い合わせて行きます。最後までミシンで縫うことは出来ないのでぎりぎりまでがんばって縫いましょう。縫い合わせるのは2枚です。下に隠れている縫い代を一緒に縫わないように気をつけてください。

縫った部分を返します。

縫い残したところを手でまつって仕上げます。

ヘアバンドの完成です。

今回は半回転ひねりましたが、一回転ひねるとまた違った表情になります。ボリュームを出したいときには一回転がオススメです。

ぜひいろんな編み地で試してみてください。

ジッパー柄の編み地はCHOKOTTOショッピングサイトで手に入れることが出来ます。

0コメント

  • 1000 / 1000

CHOKOTTO blog -セーターのようなニット生地CHOKOTTO-

手芸用のニット生地「CHOKOTTO」 CHOKOTTOを使った小物の作り方レシピ、ニットの豆知識などを紹介しています。様々な模様と糸との組み合わせ、風合いの違いで、無数のニットテキスタイルが生まれる魅力を多くの方に楽しんでいただけるよう新しい編み地や、使い方を発信していきます。