ニット生地で作るキッズキャップ

ちびっ子の帽子はいつ見てもかわいい。いろんな色で、柄で作ってみたくなります。ちびっ子の冬支度、始めませんか?

今回は小さめ2歳児くらい向けの耳あてつきキャップです。

材料はこちら

表地A(前・後):キルトニット 約 40cm幅×30cm        

表地B(編み地):MocoMocoウール羊 29cm幅(編み地の幅)×40cm

裏地:シープボア 約 70cm幅×40cm

ポンポン:並太毛糸

ポンポンをしばる糸:スパン手縫い糸20番手

ミシン糸:布を縫うときに使用する普通の糸でOK。特にニット用である必要はありません。

パターン:帽子

 PDFファイルです。A4サイズで印刷して使用してください。


1 材料

両脇表は柄を見ながら位置を決めて裁断します。

角をしっかり合わせるため、チャコペンで出来上がりの角に印を入れておきます。

パターンの指示枚数どおりに各パーツを裁断します。

2 前と左脇の合印をあわせて、ピンで仮止めします。

3 カーブの強いところは余分な生地をつまんで縫い代優先で合わせながら、10mmで縫製します。

4 後と右脇も同じ様に縫い合わせます。

5 縫い代をアイロンで割ります。カーブがきついので二回に分けるのがコツ。

途中まで割ったら、ひっくり返して今度は逆からかけると、丸みをつぶさずにアイロンをかけられます。

6 2枚を中表に重ねて縫い合わせます。逆側まで一気に縫うので、頂点がぴったり合うようにピンで合わせておきます。(ポンポンつけるからずれても隠れるけどね!)

7 同じ手順で裏地側も作ります。

8 裏を裏返して表にかぶせます。ふちを合わせてピンで留めます。

9 ふちを縫っていきます。最後にひっくり返すので後ろ側を少し開けておきます。後ろ側から縫い始めてぐるりと一周ふちを縫い合わせます。ぎりぎり通るくらい小さめに開けると後でまつる距離も少なくて楽です!

10 表にひっくり返し、返し口をまつります。(ステッチが好みであればステッチでたたいてもよし!)

帽子の形はこれで完成。

11 次にぽんぽんをつくります。

  作りたいサイズの直径より幅広めの板(写真はお菓子の缶の蓋ですが、板や厚紙など)と毛糸を用意

12 ぐるぐる巻きにします。(この時は40回くらい)きつく巻き過ぎないように気をつけます。

13 巻き終わったら巻いた毛糸を板から抜いて、真ん中を糸(頑丈な糸を長めに)で縛ります。(写真はスパン手縫い糸20番手)

この糸は長めに残しておいて、あとで本体にぽんぽんを縫い付けるときに使います。

14 輪になっているところカットします。

15 モミモミすると丸くなるので、そこから形を整えます。よく切れるはさみ(裁断バサミなど)で長さ、毛並みを整えます。結んだ糸は切らないように!

最後にぽんぽんにアイロンでスチームをあてるとふんわりふくらみます。

16 残しておいた糸を針に通して帽子のてっぺんに縫い付けます。そのときに、裏地までに貫通させると中綴じ代わりになり、帽子を脱ぐときに裏地が出てくるのを防げます。


完成!

柄違いや、編み地を使うパーツをかえてもかわいいですね★

ウールMocoMoco羊は現在sold outとなっております。色、素材違いで発売予定です。

0コメント

  • 1000 / 1000

CHOKOTTO blog -セーターのようなニット生地CHOKOTTO-

手芸用のニット生地「CHOKOTTO」 CHOKOTTOを使った小物の作り方レシピ、ニットの豆知識などを紹介しています。様々な模様と糸との組み合わせ、風合いの違いで、無数のニットテキスタイルが生まれる魅力を多くの方に楽しんでいただけるよう新しい編み地や、使い方を発信していきます。